クレジットカードには保証人を付けることができません。ただしこれは個人カードの話で、法人カードでは会社が申込者になり代表者が連帯保証人になるのが一般的です。つまりシステム的には保証人を付けることができるのになぜ個人カードにはそういったシステムがないのでしょうか。

保証人を付けることができれば審査を通過する可能性はかなり高くなるでしょう。過去に支払い遅延があれば無理ですが、勤務年数が短いくらいでは却下されなくなります。クレジットカードに保証人を付けるシステムがない大きな理由は、基本的にはクレジットカードはそれほど大きな金額を利用する制度ではないからです。

さらにクレジットカードに保証人を付けるシステムにすると審査が複雑になり、カード発行までに時間がかかります。一度却下した申込も保証人をつけて再度審査するということも多くなるからです。利用限度額が決められているクレジットカードでは保証人無しで利用できる位の支払能力がなければ発行しないというのが基本です。

by Ryou

看護師 求人 クレジットカードでSEO対策を尽くす 洋楽 エネオスカード@ ファミマTカード マイワン プロミス@ VISAカード クレジットカード ANAカード@