言葉通りやさしい心

2012 年 11 月 20 日

しかし姫君は何時の間にか、夜毎に男と会ふやうになつた。男は乳母の言葉通りやさしい心の持ち主だつた。顔かたちもさすがにみやびてゐた。その上姫君の美しさに、何も彼も忘れてゐる事は、殆誰の目にも明らかだつた。姫君も勿論この男に、悪い心は持たなかつた。時には頼もしいと思ふ事もあつた。が、蝶鳥の几帳を立てた陰に、燈台の光を眩しがりながら、男と二人むつびあふ時にも、嬉しいとは一夜も思はなかつた。
 その内に屋形は少しづつ、花やかな空気を加へ初めた。黒棚や簾も新たになり、召使ひの数も殖えたのだつた。乳母は勿論以前よりも、活き活きと暮しを取り賄つた。しかし姫君はさう云ふ変化も、寂しさうに見てゐるばかりだつた。
 或時雨の渡つた夜、男は姫君と酒を酌みながら、丹波の国にあつたと云ふ、気味の悪い話をした。出雲路へ下る旅人が大江山の麓に宿を借りた。宿の妻は丁度その夜、無事に女の子を産み落した。すると旅人は生家の中から、何とも知れぬ大男が、急ぎ足に外へ出て来るのを見た。大男は唯「年は八歳、命は自害」と云ひ捨てたなり、忽ち何処かへ消えてしまつた。旅人はそれから九年目に、今度は京へ上る途中、同じ家に宿つて見た。所が実際女の子は、八つの年に変死してゐた。しかも木から落ちた拍子に、鎌を喉へ突き立ててゐた。――話は大体かう云ふのだつた。姫君はそれを聞いた時に、宿命のせんなさに脅された。その女の子に比べれば、この男を頼みに暮してゐるのは、まだしも仕合せに違ひなかつた。「なりゆきに任せる外はない。」――姫君はさう思ひながら、顔だけはあでやかにほほ笑んでゐた。
トリガーポイント、鍼灸なら横浜のfeel(フィール)横浜本院

親友を送出して

2012 年 11 月 20 日

親友を送出して、アンドレイ、エヒミチはまた読書を初めるのであった。夜は静で何の音もせぬ。時は留って院長と共に書物の上に途絶えてしまったかのよう。この書物と、青い傘を掛けたランプとの外には、世にまた何物もあらぬかと思わるる静けさ。院長の可畏き、無人相の顔は、人智の開発に感ずるに従って、段々と和ぎ、微笑をさえ浮べて来た。
『ああ、どうして、人は不死の者では無いか。』
と、彼は考えている。『脳髄や、視官、言語、自覚、天才などは、終には皆土中に入ってしまって、やがて地殻と共に冷却し、何百万年と云う長い間、地球と一所に意味もなく、目的も無く廻り行くようになるとなれば、何の為にこんな物があるのか……。』冷却して後、飛散するとすれば、高尚なる殆ど神の如き智力を備えたる人間を、虚無より造出すの必要はない。そうして恰も嘲るが如くに、また人を粘土に化する必要は無い。ああ物質の新陳代謝よ。しかしながら不死の代替を以て、自分を慰むると云うことは臆病ではなかろうか。自然において起る所の無意識なる作用は、人間の無智にも劣っている。何となれば、無智には幾分か、意識と意旨とがある。が、作用には何もない。死に対して恐怖を抱く臆病者は、左のことを以て自分を慰めることが出来る。即ち彼の体を将来、草、石、蟇の中に入って、生活すると云うことを以て慰むることが出来る。
http://zangyou-law.com/ サービス残業・未払い残業代請求のことなら残業代バンク

アルクイストロボット

2012 年 11 月 15 日

アルクイストロボットを作ったのが、犯罪だと言っとるんだ。
違うな、アルクイスト。わたしはこの今日でも、後悔なんてしていない。
アルクイスト今日でもだと?
ああ、今日、文明最後の日でさえな。我々は偉大なものを築いたのさ。
ブスマン(小声で)三億六〇〇〇万。
アルクイスト、我々の最期の時だ。片足をあの世に突っ込みながら話しているようなものさ。労働という奴隷制度を――人間が耐えなければならなかった、苦しく屈辱的な労働というものをうち砕くのは、悪い夢じゃなかった。労働は苦行だった。生きるのさえ、つらくなった。しかし、それを解消するのが――
アルクイスト二人のロッサムの夢ではなかった。ロッサム老人は神を恐れぬ愚かな行いを夢見とって、ロッサム青年の方は億万長者を夢見とった。だがRUR株主はそのどちらも望んどらんかった。ただ配当だけを望み、その配当が人類を滅ぼすことになった。
業務用エアコン名古屋・愛知・岐阜・三重県での《激安!》販売~修理承ります もっと評価されるべきとは | ヤッピーデコ

探偵という職業は、凄く憧れます。特殊な仕事で、困っている人達を助けて解決してくれるのが探偵だと思うのです。

まったく、その現場も知らず、その人達の関係すら知らないのに、話と証拠だけでどんどんと解決の道へと進めていきます。そこが格好良いなと思います。

証拠も、数少ない物を頼りに、その探偵の実力を試しながら解決していきます。長年のキャリアと実力で、早く、確実に解決していく探偵です。

探偵も、今は日本全国に大きな事務所から小さな事務所まであります。高い料金を支払うのですから、より詳細を見つけて教えてくれる、良い事務所に頼みたいです。

警察よりも頼りがいがあって、街に幾つもある、より近い存在の探偵の方が便利だと思います。

探偵 名古屋|ロック探偵事務所 tvguide.co.uk

一蓮托生の約束

2012 年 11 月 11 日

「なるほど、君と一蓮托生の約束だったのう。……では、敵も味方も、あの方船に乗って、運命の海を漂流するとしようか」老博士はやっと歩き出した。
 人造島は刻々に溶けてゆく。あと、一時間と経たぬうちに、洋上の浮島は、跡形もなく消え失せるだろう。人々は先を争うて、白堊の建物へのがれたが、果して方船は人々を収容して、海洋に浮び、潮流に乗って、大陸へ無事に流れて往くであろうか。老博士は、確信をもって、方船に避けよと勧めたのか。運命の方船よ。おまえは、果して、海洋に浮んでくれるか。
どろぼう船が、亡霊のような怪老人の出現によって、いつのまにか、幽霊船となり、僕と豹のような水夫が、海へ飛込んだまでは、読者諸君も、すでに御承知のことだが、その後、幽霊船虎丸はどうなったか。
 物語は、しばらく運命の方船を追わず、幽霊船虎丸の甲板へ戻るとしよう。
天光-遠隔による霊視・除霊・浄霊 除霊|霊障 スピリチュアルセラピスト鈴 -すゞ-

譯者

2012 年 11 月 9 日

譯者は本叢書第六篇『無人島日記』の緒言に於て、『ロビンソン、クルーソー漂流記』は冐險的、商業的、實際的なるアングロサキソンの特性を具體にしたるものなることを云へり。然れども是等の特色は未だ以て偉大なる國民を形成するに足らず、更に個人の品性を堅實にし、國民の理想を高遠ならしむる、道徳的、靈性的勢力の大なるものあるを要す。譯者は茲に本篇『アーサー王物語』に於て、アングロサキソン人種をして眞に偉大なる國民たらしめたる、更に重要にして根本的なる其性格理想の幾分を諸子に紹介するの機を得たるを悦ぶ。
 アーサー王圓卓士の物語は、五世紀の半ばより數世紀に亘れる、ブリトン、アングロサキソン、兩人種が苦鬪中の事蹟に起原し、十二世紀の半ば頃初めてヂヨフレー、オブ、マンマスの『ブリトン王列傳』中に記されたるもの正確なる歴史的考證を欠くと雖も、不思議にも、アングロサキソン人種の武士道的理想は此漠然たるケルティツク王の口碑を藉りて表現し、アーサー王物語は、恰も彼の煙の如き星雲が幾百千年の時を經て次第に爛然たる星宿となるが如く、屡々詩となり文となり、マローリーの散文に映じ、スペンサーの詩に輝き、將さにミルトンのエピツクとならんとして果さず、終に十九世紀の大詩人テニソン卿の靈筆によりて The Idylls of the King となり、文學界の不滅なる明星として天下の人其光芒を仰ぐに至れり。

記者

2012 年 11 月 9 日

記者は先づ自分と父との間に職業問題に就き「意志の疎隔を生じ居れりとの風説」を糺したと云つてゐるが、彼は自分にむかつて、そんな質問をした事は無い。自分は父の寵兒ではあつても父との間に意志の疎隔などを生じてはゐなかつた。しかし狡猾なる記者は、その失禮な質問に對して、自分が平氣で返答をしてゐるやうに捏造した。「併し私の趣味が既に文學にあるとすれば保險業者として私が父の如く成功するや否やは疑問です」と洒々として新歸朝の青年文士は述べてゐる。
 幸か不幸か自分は其の後某保險會社の一使用人として月給生活をする事になつた。自分と雖も會社に於て、出世をするのはしないよりも結構である。それが「成功するや否やは疑問です」などゝふてくされた事を云つてゐると思はれるのは[#「思はれるのは」は底本では「思はれのは」]、第一出世の妨げであり、同僚諸氏に對しても甚だ心苦しい次第である。
 次に上述の廢嫡問題が出て、その廢嫡を事實にしようと運動してゐるのは「三田文學」の連中で、青年文士はその運動者に對して「私はその好意を感謝するものです」と云つてゐるのである。
千葉の田舎暮らしなら南房商事株式会社|房総の不動産物件情報 与えよ、さらば与えられん

真に在るもの

2012 年 11 月 6 日

自分を自分から画布をもって隔ち、画布をもって押しやること、それは自分が自分に向ってなす親しき問いである。
 自分が自分から隔てられているその隙虚に、あるいは画布は寂かに滑り入るともいえよう。
 われわれの前にまずある白い画布は、実にいまだ問われざる一つの疑問記号である。われわれが今ここに在りながらしかも真に在らざる不安、それが画布の寂しき白さである。
 白い画布、それは一つの不安である。
 人間は問いをもつかぎりにおいて生きている、とハイデッガーはいう。その意味で、それが畏れを滲ませているかぎり、画布はいのちの中に涵り、いのちの中に濡れているともいえよう。ハイデッガーはいう。この不安こそ、自分が自分の内奥より喚ぶ言葉なき言葉への悪寒のごとき畏れである。自分が自分よりすり抜けること、自分が自分より隔てられていること、それが生ける時間であり、生ける空間であって、見ゆる時空はその固き影であり、射影にしかすぎない。
 生ける空間、いいかえれば、自分自身への隔りの寂しさ、隔りの愛憐の中に、影なる空間を写しとるはたらきが、画布の情趣であり、画布に触るる浸み透る心境である。