居まわりの、板屋、藁屋の人たちが、大根も洗えば、菜も洗う。葱の枯葉を掻分けて、洗濯などするのである。で、竹の筧を山笹の根に掛けて、流の落口の外に、小さな滝を仕掛けてある。汲んで飲むものはこれを飲むがよし、視めるものは、観るがよし、すなわち清水の名聞が立つ。
径を挟んで、水に臨んだ一方は、人の小家の背戸畠で、大根も葱も植えた。竹のまばら垣に藤豆の花の紫がほかほかと咲いて、そこらをスラスラと飛交わす紅蜻蛉の羽から、……いや、その羽に乗って、糸遊、陽炎という光ある幻影が、春の闌なるごとく、浮いて遊ぶ。……
一時間ばかり前の事。――樹島は背戸畑の崩れた、この日当りの土手に腰を掛けて憩いつつ、――いま言う――その写真のぬしを正のもので見たのである。

http://kurezitto.info/view/ クレジットカードでSEO対策を始動

あいあい、あいあい

2012 年 6 月 20 日

舌長姥 あいあい、あいあい。
朱の盤 御進物が汚れたわ。鱗の落ちた鱸の鰭を真水で洗う、手の悪い魚売人には似たれども、その儀では決してない。姥殿、此方、一拭い、清めた上で進ぜまいかの。
夫人 (煙管を手に支き、面正しく屹と視て)気遣いには及びません、血だらけなは、なおおいしかろう。
舌長姥 こぼれた羹は、埃溜の汁でござるわの、お塩梅には寄りませぬ。汚穢や、見た目に、汚穢や。どれどれ掃除して参らしょうぞ。(紅の袴にて膝行り出で、桶を皺手にひしと圧え、白髪を、ざっと捌き、染めたる歯を角に開け、三尺ばかりの長き舌にて生首の顔の血をなめる)汚穢や、(ぺろぺろ)汚穢やの。(ぺろぺろ)汚穢やの、汚穢やの、ああ、甘味やの、汚穢やの、ああ、汚穢いぞの、やれ、甘味いぞのう。

FX-Jin トップトレーダー育成パッケージTSP TopTrader Secret Package だらだら日記 – おいおい奮闘編

この須弥壇を左に

2012 年 6 月 10 日

 この須弥壇を左に、一架を高く設けて、ここに、紺紙金泥の一巻を半ば開いて捧げてある。見返しは金泥銀泥で、本経の図解を描く。……清麗巧緻にしてかつ神秘である。
 いま此処に来てこの経を視るに、毛越寺の彼はあたかも砂金を捧ぐるが如く、これは月光を仰ぐようであった。
 架の裏に、色の青白い、痩せた墨染の若い出家が一人いたのである。
 私の一礼に答えて、
「ご緩り、ご覧なさい。」
 二、三の散佚はあろうが、言うまでもなく、堂の内壁にめぐらした八の棚に満ちて、二代基衡のこの一切経、一代清衡の金銀泥一行まぜ書の一切経、並に判官贔屓の第一人者、三代秀衡老雄の奉納した、黄紙宋板の一切経が、みな黒燿の珠玉の如く漆の架に満ちている。――一切経の全部量は、七駄片馬と称うるのである。
「――拝見をいたしました。」
「はい。」
 と腰衣の素足で立って、すっと、経堂を出て、朴歯の高足駄で、巻袖で、寒く細りと草を行く。清らかな僧であった。
「弁天堂を案内しますで。」
 と車夫が言った。
医学 東洋医学 – 社長日記 – 楽天ブログ(Blog)

こんなことを言うと若くないのがバレてしまいますが、昔はノベルティとしてよく使われていたものの代表に、テレフォンカードがありました。
今の十代以下の人には、テレフォンカード自体を見た事がない人もいるでしょうね。

非売品として配布されたノベルティのテレホンカードは、マニアの間で高額で売買されていました。
マニアというのは、そのテレフォンカードに印刷されたアイドルなどのファンだけでなく、テレフォンカード自体のマニアというものも存在していたのです。
あの頃、収集されたテレフォンカードはどうなっているんでしょうか?

最近は、ノベルティとしてQUOカードなどもありますが、昔のテレフォンカードのようなコレクターは存在しないようです。

ノベルティ 記念品なら名入れ110番

失恋したら美容室

2012 年 6 月 6 日

私はいつも失恋すると美容室に行っていました。
髪を切るときは失恋したとき、という言い伝えがありますが、
私もその一人でした。
なんとなく気分を変えたい、吹っ切りたい、そして
新しい出会いに期待したい、という気持ちがありました。
髪を切って出社すると、同僚から「失恋したの?」と聞かれて
「まあね」と答えることもありました。
確かに、髪を切ると過去と決別したような気分になるので、
すっきりします。それにまた、新たな恋に向けて準備しよう、という
モチベーションにもつながりました。
特に長い髪をばっさりとショートヘアに変えたときは、
周りの反応もおもしろかったです。
今は結婚したので、失恋とは無縁になりましたが、
気持ちを切り替えたいときには美容室に行きたくなります。

阿佐ヶ谷の美容室|美容院 杉並区|エアウェーブ|ヘナ・縮毛矯正| LA FOULE 成田 ヘアサロン

良い会社に入社した

2012 年 6 月 1 日

現在決算真っ最中なのですが、一人でやってます。
棚卸しの時だけ手伝ってくれるんですが、後は知らん振りです。
もう何十年とやってるので慣れてはいますが、少しは手伝って
欲しいものです。

しかし普段おサボリしてると後々が大変なのにというのを毎年
決算時に気がつきます。毎日何かしら仕事はしてるんですが
息抜きと称して遊んでる時もあるので、やる事が溜まって
しまいます。それをいつもこの時期になったら後悔するんです。

後何年この会社で働いてるか分かりませんが、その間は懲りもせず
繰り返すのでしょう。のんびり仕事するから長続きしてるという
節もあります。見張られて毎日息詰まりながらやってたら
とっくに仕事辞めてたでしょう。そういう面では良い会社に
入ったと思ってます

葬儀を横浜で行うなら横浜セレモ株式会社 横浜で家族葬なら横浜家族葬.net