肉体労働者の父親が、知らぬ間に僕のお気に入りのTシャツを気に入ってしまい毎日、着続けていたのです。

結果そのTシャツはボロボロになりました。僕はキレました。何故に仕事で人のお気に入りのTシャツをシャツを着るのかと、しかもピチTです。親父が着た後のピチTはもうピチTではありませんでした。

ダルンダルンの伸びきったボロいTシャツになってしまったのです。ガチで親父と喧嘩になったのは言うまでもありません。普段僕はあまり怒らない性格なのですが、あの時だけはマジで親父にキレました。仕事で他人の気に入ってるTシャツ着てんじゃねーよと怒ったら親父もそこまで怒る事ないだろと、言い合いになりました。

一点物のTシャツで親子げんかになる事もあるという思い出です。ピチTを仕事で着るとかありえません。
オリジナルTシャツ 製作 情けの酒より酒屋の酒

Comments are closed.