3時過ぎに起きてめしを食い、スティービー・ワンダーのコンサートに出かける。

 コンサートは前半はオーケストラなんか入ってピンと来んけど、後半の頭で司会者が出て「196?年のデビューはこんな格好やった」というてスティービーを紹介すると、スティービーは黒のサングラス、ブルーの背広の上下(ズボンにはサイドに黒のライン入り)に蝶ネクタイという“オールディズ”のいで立ち。さすが沸かせる。
 その1曲がすむと又、自分のやりたいのを続ける。ソロ・ピアノでうたうとこなどさすが。そしてリズムもすごい凝ってる。マイクを中心に頭を左右に振ると声の変化に効果がある。客が欲求不満の解消みたいにかけ合いをするけど猥雑ですごおもしろい。
 黒人ばっかりが、パーティに来たみたいに着飾ってて、それが手を振り上げたりやじったり踊ったりするのやから豪快なもの。けれどコンサート全体はちょっと冗漫で、俺の目的はジャマイカにあってロスは通るところと決めてるせいか、もうひとつピンと来ん。25ドル(約6000円)にしては高いというのが俺と恵子ちゃん(豊田文恵)とクマさんの感想。阿野さんが迎えに来て、ロスの日本人町の隅にあるパンクをかけてる店で「さいみん」というラーメンみたいなもんを食う。
いすみ市 歯科 情けの酒より酒屋の酒

Comments are closed.