「ガン」を告知された時

2013 年 2 月 20 日

私は今から7年前に「悪性リンパ腫」と告知をされました。

告知をされるまで、私の中では「ガン」と「悪性リンパ腫」は別の病気という認識でいました。

ところが、白血病と同じで悪性リンパ腫は「血液のガン」の一種でした。

体調がおかしい感じがしてから、正式な病名が分かるまでに5年以上掛りました。

「悪性リンパ腫」という病気は知っていましたが、言葉だけの知識しか持っていなかったので、医者から病名を告知された時には正直、自分自身ピンときませんでした。

ただ、これからの治療スケジュールや治療方法やそれに伴う副作用等の説明を聞いているうちに、しだいに事の重大性が分かってきました。

そして、何十種類もある悪性リンパ腫の中でも、厄介な種類で死ぬ確率も案外高いのと、いちばんショックだったのは未だに確立された治療方法が無いという事でした。

がん治療、免疫治療|心斎橋スリーアロークリニック 熱帯病・寄生虫症に対する稀少疾病治療薬の輸入・保管・治療体制の …

Comments are closed.