肝ガンの原因には、どのようなものがあるのか、ネットで調べてみました。

その結果、肝ガンの原因はほとんどが慢性肝炎で、その大半がウイルス性のC型肝炎ということでした。

また、C型肝炎が慢性になってくると肝臓が線維化して、数10年かけて肝硬変や肝がんになるケースが多いということでした。

また、一度障害を起こした肝臓は、肝ガンが再発しやすく、2次発ガンも招きやすいということでした。

また、わが国の肝ガン主原因は、ウイルス性慢性肝炎ということで、2000年ごろまでは肝ガンが増え続けましたが、栄養状態の改善、ウイルス感染への対策を行ったり、肝炎の治療法が発達したことなどによって、最近では若い世代で肝ガンの発症率が低下していますということでした。
がん治療、免疫治療|心斎橋スリーアロークリニック 理研ビタミン わかめペプチドゼリーお試しパックはこちら

Comments are closed.