若い屈強な下婢が二人左右に――姉も妹も痩せ形ながら人並より高い背丈を、二人の下婢の肩にかけた両手の力で危ふく支へて僅かに自由の残る片足を覚束なげに運ばせて来る。黒紋付を着た宜い老婢が一人、小婢を一人随へて、あとから静かに付き添つて来る、……やがて薄い涙で曇つた宗右衛門の眼に、拡大されて映つた二人の娘の姿が、静まり返つた人々の間を通つて、お辻の寝棺の傍に近づいた。宗右衛門はあわてゝ立ち上つた。そして棺に高い台をかふやうに急いで命じた。人々も娘達も呆気にとられた。宗右衛門は娘を其処へ座らせまいとしたのであつた。座ればその下半身は、曲らぬ片足を投げ出したまゝの浅ましい異様なもののうづくまりになるからである。棺は丁度、娘達の胸まで達した。あらためて娘達は棺に近づいた。姉も妹も並んで一所に額付いた……二人の白羽二重の振袖が、二人がなよやかな首を延べて身をかゞめようとするその拍子に、丸い婢の肩を滑つて、あだかも鶴の翼のやうに左右へ長く開いたのである……人々はこの清艶な有様に唾を呑んだ。
薬剤師国家試験対策 ファーマシー家庭教師 大学生向けの家庭教師で留年防止 – ブログトップ – So-net

Comments are closed.