彼は、ロープに蹴つまずいた。
「畜生! 出鱈目にロープなんぞ抛り出しやがって」
 彼は叱言を独りで云いながら、ロープの上へ乗っかった。
 ロープ、捲かれたロープは、………
 どうもロープらしくなかった。
「何だ!」
 水夫見習は、も一度踏みつけて見た。
 彼は飛び下りた。
 躯を直角に曲げて、耳をおっ立てて、彼は「グニャグニャしたロープ」を、闇の中に求めた。
 見習は、腐ったロープのような、仲間を見た。
「よせやい! おどかしやがって。どうしたってんだい」
 ロープは腐っていた。
「オイ、起きろよ。踏み殺されちゃうぜ。いくら暑いからって、そんな処へもぐり込む奴があるもんかい。オイ」
 と云いながら、彼は、ロープを揺ぶった。
 が、彼は豆粕のように動かなかった。
 見習は、病人の額に手を当てた。
 死人は、もう冷たくなりかけていた。
 見習は、いきなり駆け出した。
税理士 神戸 | 税務顧問com logly – saru

Comments are closed.