ト其の胸を、

2012 年 6 月 27 日

 ト其の胸を、萌黄に溢れ、紫に垂れて、伊達卷であらう、一人は、鬱金の、一人は朱鷺色の、だらり結びが、ずらりと摩く。
「おや/\女郎かな。」
 雖然、襦袢ばかりに羽織を掛けて旅をすべき所説はない。……駈落と思ふ、が、頭巾も被らぬ。
 顏を入違ひに、肩に前髮を伏せた方は、此方向きに、やゝ俯向くやうに紫の袖で蔽ふ、がつくりとしたれば、陰に成つて、髮の形は認められず。
 其の、膝に萌黄の袖を折掛けて、突俯した方は、絞か鹿の子か、ふつくりと緋手柄を掛けた、もつれ毛はふさ/\と搖れつつも、煙を分けた鬢の艶、結綿に結つて居た。
 此女が上に坐つて、紫の女が、斜めになよ/\と腰を掛けた。落した裳も、屈めた褄も、痛々しいまで亂れたのである。
 年紀のころは云ふまでもない、上に襲ねた衣ばかりで、手足も同じ白さと見るまで、寸分違はぬ脊丈恰好。
 ……と云ふ、其の脊丈恰好が?……
川崎 審美歯科 またこの夏も節電らしい – クレジットカードでSEO対策を敢行

Comments are closed.