婦はちょうど筧の水に

2012 年 6 月 25 日

婦はちょうど筧の水に、嫁菜の茎を手すさびに浸していた。浅葱に雫する花を楯に、破納屋の上路を指して、
「その坂をなぞえにお上りなさいますと、――戸がしまっておりますが、二階家が見えましょう。――ね、その奥に、あの黒く茂りましたのが、虚空蔵様のお寺でございます。ちょうどその前の処が、青く明くなって、ちらちらもみじが見えますわね……あすこが摩耶夫人様でございます。」
「どうもありがとう――尋ねたいにも人通りがないので困っていました。――お庇様で……」
「いいえ……まあ。」
「御免なさい。」
「お静におまいりをなさいまし……御利益がございますわ。」
と、嫁菜の花を口許に、瞼をほんのり莞爾した。
――この婦人の写真なのである。

髭 レーザー脱毛 青髭解消に【エヌナノアフターシェイブジェル】

Comments are closed.