「とう。とう、とう/\。」
 と鳴くにつれて、茸の軸が、ぶる/\と動くと、ぽんと言ふやうに釣瓶の箍が嚔をした。同時に霧がむら/\と立つて、空洞を塞ぎ、根を包み、幹を騰り、枝に靡いた、その霧が、忽ち梢から雫となり、門内に降りそゝいで、やがて小路一面の雨と成つたのである。
 官人の、真前に飛退いたのは、敢て怯えたのであるまい……衣帯の濡れるのを慎んだためであらう。
 さて、三太夫が更めて礼して、送りつつ、木の葉落葉につゝまれた、門際の古井戸を覗かせた。覗くと、……
「御覧じまし、殿様。……あの輩が仕りまする悪戯と申しては――つい先日も、雑水に此なる井戸を汲ませまするに水は底に深く映りまして、……釣瓶はくる/\とその、まはりまするのに、如何にしても上らうといたしませぬ。希有ぢやと申して、邸内多人数が立出でまして、力を合せて、曳声でぐいと曳きますとな……殿様。ぽかんと上つて、二三人に、はずみで尻餅を搗かせながらに、アハヽと笑うた化ものがござりまする。
アメックス@ 雑学・豆知識・うんちく集

Comments are closed.