「私は恐しい病気を持つてゐるのです。側へいらつしやると、あなたにも移りますよ。」
 それでも客が酔つてでもゐて、無理に彼女を自由にしようとすると、金花は何時もかう云つて、実際彼女の病んでゐる証拠を示す事さへ憚らなかつた。だから客は彼女の部屋には、おひおひ遊びに来ないやうになつた。と同時に又彼女の家計も、一日毎に苦しくなつて行つた。……
 今夜も彼女はこの卓に倚つて、長い間ぼんやり坐つてゐた。が、不相変彼女の部屋へは、客の来るけはひも見えなかつた。その内に夜は遠慮なく更け渡つて、彼女の耳にはひる音と云つては、唯何処かで鳴いてゐる蟋蟀の声ばかりになつた。のみならず火の気のない部屋の寒さは、床に敷きつめた石の上から、次第に彼女の鼠繻子の靴を、その靴の中の華奢な足を、水のやうに襲つて来るのであつた。

ワキガ治療体験 ワキガ・多汗症治療 | 美容外科-東京銀座・青山 長澤クリニック

Comments are closed.