フィッシング詐欺での被害拡大はクレジットカード会社でもかなり深刻問題になっております。既にクレジット番号、ID・パスワードの個人情報を盗まれたら、クレジットカード会社や金融機関、警察などに相談しましょう。それと各都道府県のサイバー犯罪相談窓口にも連絡しましょう。

●アクセスをするのではなく、目的のサイトにはURLを直接入力をする事が大前提で、E-mailのリンクから開いたWebページではID・パスワードは入力しない 。
●ID・パスワード入力画面のURLが、http://ではなくhttps://で始まっていることを確認する事で未然に防げます。

スキミングと違って防ぎようがないため、ユーザーに落ち度があるフィッシング詐欺補償はないと考えられます。しかし、場合によっては詐欺に遭った日から60日にさかのぼっての何割かは補償はされる事がありますので、諦めずに届け出をしましょう。

by 山ちゃん

クレジットカードでSEO対策を試行 クレジットカードでSEO対策を断行 クレジットカードでSEO対策を進行 クレジットカードでSEO対策を敢行 クレジットカードでSEO対策を強行 クレジットカードでSEO対策を実践 クレジットカードでSEO対策を始動 クレジットカードでSEO対策をする クレジットカードでSEO対策を行う クレジットカードでSEO対策を説く クレジットカードでSEO対策を実行 クレジットカードでSEO対策するぜ

Comments are closed.