マスターカードのフィッシング詐欺サイトが現れたそうです。フィッシング詐欺とは偽の公式サイトにメールなどで誘導して、個人情報を盗む詐欺です。

――――ここから引用――――
フィッシング対策協議会は、クレジットカード会社の「MasterCard(マスターカード)」をかたったフィッシングメールとフィッシングサイトが確認されたとして、注意を呼びかけています。

メールは英文で、件名が「Important MasterCard Alert」や「MasterCard Account Holder」。「システムをアップデートしたため、サイトにアクセスしてアカウントを更新する必要がある」として偽サイトに誘導、クレジットカード番号などを盗み取ろうとします。
――――ここまで引用――――

カード会社がメールでカード番号を聞いてくることはありません。なぜならカード番号はカード会社が知っていることだからです。カード会社に限らずメールで個人情報を引き出そうとする場合は、あやしいと思ってください。対策は、メールからURLをクリックしてアクセスするのではなく、検索結果からアクセスすればフィッシング詐欺には引っかかりません。

by みう

SEO対策
SEO対策
SEO対策
クレカ
クレジットカード%
クレジットカード
三井住友カード
楽天カード
ANAカード
ダイナース
節約@
MUFGカード
クレジットカード比較
アメックス@
JCBカード@
マイルカード@
ダイナース@
楽天カード@
JALカード@
NTTカード@
クレジットカード審査@

Comments are closed.