クレジットカードは便利ですがその一方で悪用して設けようという人がいるのも事実です。現在カード犯罪として行われている手口を紹介しますので十分注意しましょう。

・盗難、紛失・・・盗んだり拾ったりしたクレジットカードをそのまま会員に成りすまして使用する手口。手元にカードがない場合すぐクレジットカード会社に紛失届けをすればほとんどが被害を防ぐことができる。

・スキミング・・・磁気ストライプからカード情報を盗み出しほかのカードに情報を移し変えて悪用する。スキマーと呼ばれる装置を使うので加盟店で利用するときには目に見えるところで決済してもらうことに気をつける。

・フィッシング詐欺・・・オンラインで実在のホームページなどに成りすまして、会員のID、パスワード、カード情報を騙し取る手口。ネットショップを利用して悪用する。巧妙な手口が多いので、請求書をよくチェックして覚えのない利用はすぐにクレジットカード会社に届ける。

・クレジットマスター・・・カード番号を特殊な計算で割り出して悪用するので、カード会員は防ぎようがない。やはり請求書チェックで早期の発見を心がける。

ほとんどの場合会員に過失がなければ保険が適用されて実害はありませんが、クレジットカードへのサインやカードの保管には十分注意しましょう。サインのし忘れやカードを常に携帯していない場合は保険が適用されないことがあります。キャッシングの悪用も保険適用外なので暗証番号の管理も忘れずに。

by Ryou

CFD取引 クレジットカードで節約とは? クレジットカードって何? クレジットカードの仕組み クレジットカードの機能 クレジットカードの支払い方法 支払い方法についての考察 一括払いは本当にお得なのか 国際ブランドとは 大局的カードの分類

Comments are closed.