◆カードショッピングの仕組み クレジットカードでショッピングする場合は必ずクレジットカード加盟店を利用する必要がある。

歯科技工

クレジットカード加盟店はクレジットカード会社と加盟店契約を結んだ企業や個人事業主で、加盟店契約をする場合はクレジットカード会社の審査を通過することが必要だ。

当日配送

加盟店審査を通過するとクレジットカード会社からカードブランドのステッカーなどを使用する権利が与えられ、それを表示することでカード会員にクレジットカードが利用できることをアピールすることができるようになる。

ハウスクリーニング

一方カード会員は商品を購入する場合は現金を支払う代わりに、クレジットカードを提示する。

八王子 幼稚園

提示されたクレジットカードは加盟店がCAT端末機でオーソリゼーションを行い、承認後にカード伝票にサインすることで決済は終了し、カード会員は商品を持ち帰ることができる。

引越し 料金

ICカードではサインの代わりに入力パッドで暗証番号を入力することもある。 加盟店はクレジットカード会社によって決められた締切日までにカード伝票を送付して、月に数回の支払日にクレジットカード会社から振込を受ける。

部屋の片付け

このときに加盟店手数料が相殺される。この振込はクレジットカード会員に代わってクレジットカード会社が販売代金を支払うので「立替払」と呼ばれている。

産業廃棄物

◆社内ブラック 社内ブラックはクレジットカード会社の社内で保管されている情報のひとつで、現在では社内ネガと呼ばれています。クレジットカード利用で支払を遅延したり、債務整理を行ったりした会員情報のことで、社内のほかにもネガ情報として個人信用情報機関に登録されます。

ペット 仏壇

この場合は社外ネガという扱いになりますが情報の内容は同じです。しかし個人信用情報機関ではネガ情報は5年間しか保存されませんが、社内ネガはそれ以上の期間保管されています。保管期間はクレジットカード会社の社内規定によって違いますが、10年程度は保管されるのが

一般的です。そのため情報の提供元になるクレジットカード会社では5年以上経過しても信用回復は難しくなります。

Comments are closed.