クレジットカードを申し込みするときには身分を証明する書類の写しが必要です。これは本人確認法ができてから行われていることです。それ以前は運転免許証や健康保険証の写しは必要なかったのです。申し込む側にとっては面倒なことですが、クレジットカード会社にとってはなりすましによる名義冒用といった不正利用を防ぐことができます。

本人確認法は既に廃止されていますが、その内容は「犯罪による収益の移転防止に関する法律」に引き継がれています。本人確認法は犯罪やテロ活動による資金 洗浄(マネーロンダリング)を防止するために制定されていて、金融機関の口座を開設する場合には身分証明書で本人確認することが義務付けられています。 「犯罪による収益の移転防止に関する法律」ではその対象が金融機関だけではなく弁護士や不動産業者など広範囲に拡大されています。

by Ryou

ミネラルファンデーション ランキング 得するクレジットカード比較 クレジットカード比較の要 アメックス 被リンク プロミス@ クレジットカード@比較でお得 銀聯カード デビットカード

Comments are closed.